タロット川柳

想うのは 辛い時こそ 父と母

【 Come on! タロット川柳】

タロット川柳占い師のゆうこです。
今回は『カップの6』のお話です。
このカードは、思い出、郷愁などの意味があるカードです。

自分が辛い時だけ親のことを思い出していませんか?
私はついついそうなっています。いつも想うのが大切ですね。いつも思い出そう!

慣れ親しんだ場所から変化する、変化が必要な時もあります。

幼い頃、家族が全てだった時代。

大人になって家族を忘れて遊び回っている時代。

そして自分が家庭を持って必死に生活している時代。

気が付くと、今度はまた自分の親を想う時期に入ってきました。

家族からはじまって、また家族に戻っていく。
家族のことを考えられるようになった現在の私の気持ちは、安定していているのかもしれません。

このカードが出たら思い出す、懐かしむ、原点に還るようなかんじでしょうか?

結婚して義両親と生活して思ったのは、本当に家庭はそれぞれ。100家族あったら家族も100通りだ!ということです。

同居は、生まれ育った家庭以外に別世界を知ることができる貴重な体験です。同居ではたくさんのことを学びました。

良い悪いがない、そこにいる家族が決めたルールがあり、世間の常識は通用しない場合もあります。

小さいことですが、料理の味なんかは世間と違っても家族みんなが美味しければ良い、というようなかんじですよね。。。

私は、実家の父が甘い卵焼きやおいなりさんが嫌いだったせいで、小さい頃は甘くないものが普通でした。
大人になって甘い卵焼きやおいなりさんを知り最初は驚きましたが、今は甘い方が好きになりました。

いろんなことがあって良い思い出、怒りや悲しみが混じり年月が経って安定してゆくのかもしれません。

どうしても、自分の育った家庭をベースに考えると上手くいかない、辛くなることがあります。
自分の思い込みで勝手に悲しんでいるだけ、ということも多いのになかなか育った環境から抜け出せないのが普通ですね。

難しいことですが、固定観念から飛び出し、また振り返って変化を楽しめると良いな~と思います。
臨機応変、今の自分に合った幸せを自分で見つけられることが幸せかもしれません。

ここまでお読みいただきありがとうございました。

よかったらお気持ちをお聞かせください。↓

↓公式LINEは、特典やお得な情報を発信しています!
ご登録特典は、あなただけのメッセージをタロットカードとオラクルカードから2枚、画像付きでお贈りします😊
お友達追加の上、メッセージのテーマ(仕事、恋愛など)をコメントください!!

友だち追加

鑑定依頼ページ