私が思うこと

ALSと安楽死について私が思うこと

タロット占い師のゆうこです。

今回は真面目なお話です。

ALSと安楽死について、自分で何度も何度も考えてきました。
私自身では、やはり安楽死も選べる方がいいと思っています。

実際私が今病気になったら安楽死を選んでしまうかもしれません。

私の友人は7年ほど前に ALS で亡くなりました。そして、安楽死という言葉は最期まで聞くことはありませんでした。

発病してから1年ほどで身体が動かなくなり、 寝たきりになるまでの1年半程は精神的にとても辛そうで、見ていて私も辛かったです。

彼女自身が介護の仕事をしていたので、自分が病気でどうなっていくかを分かっていました。

彼女が発病して間もない頃は、よく泣いていたした。

『お風呂いっぱいぐらい泣いちゃったよ。』

とか

『動けなくなったら自殺することもできなくなっちゃうよ。』とも言っていました。

ALS は人によって病気の進行が違いますが、 彼女は進行が早いほうでした。

発病して1年半ほどで寝たきりになり3年ほどで呼吸器をつけるようになっていました。

私は彼女に会いに行き、呼吸器をつけるまではたくさん会話することもできました。

彼女はもともと明るく活発で、社交的な性格です。
寝たきりになった彼女が心配でしたが、彼女はどんどん進化していきました。

同じ病気の人たちとのコミュニティの中で活躍したり、新しい友人を作ってALS協会で活動していました。

一度落ち込んで自殺も考えた彼女が、どんどん明るく大きな人になっていく、そんな彼女を見ていました。

自分だったら安楽死したいという気持ちが強く、「頑張って生きてね」、とは最期まで言えませんでした。

彼女は 何も言わなかったけれど、私の気持ちは十分わかっていたようです。

自分で生きることを選ぶ彼女の強さには驚かされましたし、励まされました。

私は呼吸器をつけて、身体が動けない彼女に会いに行き、自分の悩みを聞いてもらったこともあります。

ヘルパーさんに席を外してもらいふたりっきりになりました。

意思疎通は、文字盤の視線を読み取るというものですが、うまくできないので、私が一方的に話すという形です。

私は自分の思いを一方的に話し、吐き出すことで楽になりました。

彼女は私をじっと見つめるだけです。
でもとても心が落ち着いたのを覚えています。

その後帰宅して数日後、驚いたことに彼女から手紙が届きました。
その手紙は彼女のお母さんが代筆したものでした。

そこには短いけれど、私への励ましの言葉が書かれていました。

病気で全く動けず寝たきりの彼女に励まされ、感謝と申し訳ない気持ち、彼女の存在の大きさを感じました。

生きているだけで存在価値のある彼女、大きな強い愛が伝わってきました。

私は彼女のように大きくなれないけれど、難病の人たちはその存在だけで尊いんですね。
彼女が生きていたら安楽死について何と言うでしょう。

彼女の印象的な言葉があります。

『私は、どんなことでもサラッとできる人になりたい。』

有言実行できた彼女が本当に自慢です。

彼女にいつも見られている気がします。
そして彼女から教られたことは大きすぎて、上手く生かせているかといつも思っています。

お読みいただきありがとうございました。

 

↓公式LINEは、特典やお得な情報を発信しています!
ご登録特典は、あなただけのメッセージをタロットカードとオラクルカードから2枚、画像付きでお贈りします😊
お友達追加の上、メッセージのテーマ(仕事、恋愛など)をコメントください!!

友だち追加

鑑定依頼ページ

最近読んだ本↓ 『死』について考えたいと思っているあなたへ